配達受領

さて盆も終わり、仕事仕事と朝9時過ぎに大学へ行ったところ、なんだか人が少ない。あまつさえ部屋の中はエアコン不稼働で蒸し風呂状態。なんと、今年は今日まで事務局が夏季休暇だったらしい(ショック)。今日は一昨日のコイの残り個体と外来種カメが搬入されるので、午後まで部屋で待機していなければならない。窓を開け放し、小さな扇風機を回してしのいでいたが、昼頃になるとさすがにそれでも暑い。ふと思いついて実験室の冷凍庫から保冷剤を持ち出し、タオルにくるんで膝に乗せるというローテクな方法を試したところ、なかなか良い感じで頭もスッキリ。一番の放熱部位である大腿部を冷やすのは効率が良いのだろう。おかげで午前中に書類仕事をいくつか片付けることができた。

事務局が休みなのでちゃんと配送されるかどうか心配だったコイ(2kg超えの大物✕2)が無事に到着し、個別空調のある1階の実験室を借りて解剖。3回生のGさんとI君が手伝ってくれた。I君は魚釣りが大好きなのに魚の生臭い匂いには敏感らしく悪戦苦闘。やっぱり私はかなり嗅覚が鈍いらしい(鍋にカメムシが入っていても気づかないくらいだし)。肝心のムシだが、今日のコイ(通算4匹目)からやっと1匹だけ記録。しかも、前回得られたものよりさらに小さな未成熟虫で、えらく細い管に潜り込んでいたので、一昨日に解剖した3匹のコイでは見逃していたのかもしれない。虫体があまりに小さくヤワく、取り出す時にぐちゃぐちゃになってしまったので、形態標本にすることは断念し、遺伝子サンプルとしてのみ保管することにした。ともあれ、あそこのコイにはまだムシがいるということが確認できたのは収穫。あとは秋の陣に賭ける。

夕方にはNさんが持ってきてくださった外来カメ7匹を受領。これは卒論生W君のサンプルなので、実験室の一隅に作ってある簡易恒温室で保管。

ごるごでらリベンジ戦

今日は大阪の川(水路)の、「水辺に親しむ会」主催の観察会兼定期調査に寄させてもらいました。まだ新種記載のできていない例のごるごでらの新標本を得るためのリベンジ戦です。しかし、大阪でJR沿線以外のところは、彦根からは電車の乗り換え回数も多く、とても時間がかかります。今日は5時起きの6時出発でした。

f:id:m-urabe:20190814210841g:plain

連日の猛暑ですが、台風前日の今日は風があるためややしのぎやすかったです。投網を打つ「水辺に親しむ会」のメンバーの皆さん。

f:id:m-urabe:20190814210826g:plain

大きなコイが投網に入りました。泥に潜って逃げられないよう、網の裾を確保します。

f:id:m-urabe:20190814210851g:plain

コイを回収する県大3回生のGさん。小学生の女の子も小さな胴長を履いて参加です。

f:id:m-urabe:20190814210902g:plain

今日は40cmあまりのコイが5匹もとれました。大感謝です。ムシ取れるといいなあ。

f:id:m-urabe:20190814210831g:plain

取れた魚は「親しむ会」メンバーのみなさんが数と種類、サイズを確認したあと、再放流します。今日はコウライモロコ、ニゴイ、オイカワ、カネヒラ、オオクチバスなど十数種の魚が得られました。

5匹の大ゴイは、全部クーラーボックスに詰めて背負って帰るには重すぎたので(非クルマ族)、小さめの3匹を持ち帰ることにし、大きな2匹は宅急便で大学あてに発送しました。それやこれやで現場作業を終了したのは昼の12時近く。昼食をとってから帰途に付き、大学に到着したのは午後3時半。いつもの実験室はエアコンが切られて灼熱地獄なので、個別クーラーのある別の実験室に侵入して解剖作業。残念ながら今日の3匹はすべて陰性で、残る2匹に賭けることになりました。なお解剖した3匹のコイは4年生がおいしくいただいたようです。

 

お盆休み中だけど

人間ドック。もうこちらも慣れたもので2時間少しでサクサク終了し、特に変わっったこともなし。2年前と違って、S立病院でも経鼻内視鏡を導入してくれたことはありがたい。経鼻だろうが経口だろうが検査中のしんどさは変わらないが、麻酔が切れるのが早くて検査後すぐにゴハンにありつけるのが嬉しい。

さて明日は久々のフィールドワーク。この暑さ、大丈夫かな。

なぜ途中式を書くか

私はもう教育学部の教員ではないけれど、こういう問題にはやっぱり反応せざるを得ない。nakataさんのこの記事、教育現場では結構大きな問題だと思う。そもそも結果を出すためにいろいろな要素に分けてそれを計算したりなんかするのは、要素に分けたほうが原因と結果の因果がつけやすいことと、それぞれの要素の重要性の程度がわかるため、結果を操作できるようになるからだ。だから現実の環境問題の解決策を考えたり、対立する意見の調整をしたりするときに要素に分けて考えるというのは必須のプロセスとなる。もし他人の出した結果だけを鵜呑みにしていれば問題解決はできないし、他人と意見を調整したりすることもできなくなる。自分の意見を分析して考えることのできない人間は理路整然と説明することもできないから、そういう人が雑多な見解を持つ大勢の中で自説を通そうとすれば、何らかの暴力的な手段に出るのは明白だ。そんな人間を育てないように、教育現場におられる方には結論に至るプロセスの説明の大切さを今一度認識してほしいし、大学の人間としては、その大切さを実感できるような教育プログラムを考えなければならないなあと思う。

kensuke-nakata.hatenablog.com

誕生日

マルは卵の時に保護されて飼育下で孵化した子なので、べべと違って誕生日がわかっています。ということで、本日めでたく満一歳の誕生日を迎えました(特にお祝いはなし)。この一ヶ月に小魚やエビなどの生き餌を与えられ、最初は餌だということもわからず怯えてアタフタしていましが、今は泳ぐ魚を捕まえて食べるほど逞しくなりました。おかげで体もどんどん大きくなり、昨晩測ってみたところ約45gありました。1ヶ月半で15g増えたことになります。

 

f:id:m-urabe:20190812191536g:plain